実況パワフルプロ野球 マイライフ

実況パワフルプロ野球2013 マイライフ(1年目〜)
三木森羅(みきしんら)は左投右打の一塁手と珍しい選手だったが東京ヤクルトスワローズからドラフト4位で指名される。
打撃や守備での課題は多いが足の速さは評価されており最初は代走からと期待されている彼だがプロで活躍する事はできるのだろうか?

実況パワフルプロ野球2012 マイライフ(1年目途中)
和泉扇(いずみおうぎ)は高校時代からドラフト候補として期待されていたがプロ入り意志はなかった。
しかし社会人からはプロ入りを望み横浜DeNAベイスターズからドラフト1位で指名されてプロの舞台に足を入れた。

実況パワフルプロ野球2011 マイライフ(1年目) 文面を一気に変えたので前の分はと言う事で終了
桧山仁平(ひやまじんべい)は高校、大学と野球で頑張ったが注目される事はなくテスト生として合格し阪神タイガースに入団した。
守備位置は捕手とスタメンどころか1軍入りも難しそうだが彼が1軍で活躍する事はあるのだろうか?

実況パワフルプロ野球2009 マイライフ(1年目〜5年目) 優勝してもう良いかと思い終了
吉岡一純(よしおかいずみ)は全国制覇したチームのエースだった。
当然の様にドラフトで指名されて地元の広島東洋カープに入団した。

実況パワフルプロ野球15 マイライフ(1年目〜2年目) そこそこ面白かったがやる気が出ず終了
結城御魂(ゆうきみたま)は俊足、強肩の遊撃手として甲子園でも活躍した選手だった。
当然の様にドラフト5位で中日ドラゴンズに指名され御魂のプロ野球生活が始まった。

実況パワフルプロ野球14 マイライフ(1年目) もはややる気がなくて終了
北条飛天(ほうじょうひてん)はバランスの良い選手だがプレッシャ−に弱いと言う欠点がある為にプロ入りは無理と言われていた。
しかし才能や将来性を評価されドラフト3位で読売ジャイアンツに指名され飛天のプロ生活が始まった。

実況パワフルプロ野球13 マイライフ(1年目〜8年目) 納得いかないがデータが消えた為に終了
主人公こと御薙焔(みなぎほむら)は小柄ながらも精密なコントロールと巧みな投球術を持つ無名な投手だった。
彼が世間に認められたのは高校3年になってから地方大会決勝までの投球内容を評価されドラフト5位で北海道日本ハムファイターズに指名される。

実況パワフルプロ野球12 マイライフ(1年目〜2年目) 諸事情で終了
主人公こと二階堂大樹(にかいどうたいじゅ)は実力はあるが勝運に恵まれない打者だった。
高校3年間甲子園には出場できず二階堂の高校野球は終わったがプロという舞台に移り二階堂のマイライフが始まる。

この物語は全てフィクションです。実在の人物、団体等関係ありません。